雑踏の中で

東大生が気まぐれで日常を綴ります。

↓せっかくだからボタンをクリックしてね❤️

東大生ブログランキング

テスト勉強に追われながら。。。

蒸し暑いですね。日本のジメジメした暑さ嫌い。

 

 

 

大学はそろそろテスト期間に入ります。東大も授業は今週が最後、来週からはテストが始まるわけです(実はもう始まっているんですが)

 

 

テストは進振りにモロに影響してくるので、行きたい学部があるならガチで勉強しないと死にます。大学は遊園地なんてよく言われますが、東大の駒場は辛いです(まあ、それでも十分遊園地なんですが。)てか、そう考えると海外の大学って本当にすげえんだなーって思います。まず、図書館が24時間空いてるとか羨ましすぎる。。

 

まあ駒場も10時くらいまで空いてるんですけどね笑

 

軽く調べて見たら面白い記事が。

 

CA1370 - 米国の大学図書館における24時間開館の実態 / 半澤陽子 | カレントアウェアネス・ポータル

 

確かに、駒場でも、図書館でケータイの充電しながらずっと寝てる人いるもんね。

いろいろ問題がありそうで、24時間営業は難しいのかな。下手したら図書館に住むやつとか出てきそうですね。

 

 

 

 

 

話変わります。

 

そういえば最近気になることが。

 

「なぜ、手書きの文字には感情が込められていると感じるのか」

 

ラブレターは活字よりも手書きの方がいいですよね。てか手紙全般手書きがいいけど。

 

このテーマっていろんな側面から掘り下げられそうですよね。

 

例えば、

 

手書きの字はそれぞれ異なっている。活字はどれも同じ。(一回性?、再現不可能性?)

その人が書いた感が伝わってくる。(手書きの手紙自体が「私が書いた」という証拠?)

とか。

 

多分もっと面白い考察できると思うんですね。

 

みなさんの知恵もお借りしたいです。(テスト期間なのでまだじっくり考えられてません、てかブログ書いてる暇ないやろって感じ)

 

 

 

 

ちょっとggってみたら面白い記事が。

 

pc.watch.impress.co.jp

 

結構前のやつですけど。なんかこんなにやっちゃうのもなぁって感じもしますけどね(語彙力)

 

 

 

では。

 

 

広告を非表示にする