雑踏の中で

東大生が気まぐれで日常を綴ります。

↓せっかくだからボタンをクリックしてね❤️

東大生ブログランキング

inputをし始めてからの変化

こんにちは。

 

 

 

 

オール明けでも元気に勉強しています。

 

そういえば、睡眠時間が短い人の方が認知症になりやすいそうですね。

 

 

気をつけようまじで。。。。

 

やっぱり睡眠不足が脳に与えるダメージってかなりでかいんですね。。。

 

 

 

今回は、自分が以前から意識的に行うようになった、めちゃくちゃ情報、ニュースをinputすることを実践してからの変化についてなるべく簡潔に話します。

 

 

 

 

 

以前、情報をインプットしまくろうみたいな記事を書いた気がします。確か。

 

st-ut.hatenablog.com

 

やっぱ以前の自分の記事読むのって恥ずかしいなー。

 

 

 

まぁ、この記事を書いたあたりから、毎日のように情報をあらゆるところからシャワーのようにインプットしてるわけですよ。ダァァァァーって。

 

 

tweetしてるのは読んでる記事の10%くらいかな?

またこの他にも本を読んでみたり、わからないことは徹底的に調べてみたりして、とにかくinputしまくってるんですね。

 

 

するとね、少しずつなんですがやっぱりoutputも充実してくるように感じられてきたんですね。最近特に。

 

 

目上の人と将来のビジョンについて色々と語り合うことが多いのですが、自分はあらゆる分野についてある程度の話ができるので、興味も持てるしそれなりに人を惹きつける引き出しを持てている。

 

 

 

結果として話が上手くなった気がします。イェイ。

 

 

 

 

やったぜ。これからも続けていきます。また進化が感じられたら報告致します。

 

 

 

 

まとめ!

 

いろんな情報をシャワーのようにinputせよ!!(もちろん情報リテラシーを意識!)

→outputが充実し、少しずつ面白い話が理解でき、話もできるようになってくる!!

 

 

以上です。はい。いい加減テスト勉強します。

サッカー好き必見! 6人制サッカー世界大会 STAR SIXES がアツすぎた

おはようございます。

f:id:stutokyo:20170716052143p:plain

徹夜してSTAR SIXES見ています。アツすぎます。

 

明日は(今日の夜は)準決勝以降をやりますね。AbemaTVで見られます。ぜひ!ページの下の方にリンク貼っときますね。

 

 

 

f:id:stutokyo:20170716051955j:plain

 

 

まず、STAR SIXESについて軽く説明しますか。

 

STAR SIXESってなんだよ。

 

STAR SIXESは元代表のサッカー選手(いわゆるレジェンド)たちが、チャリティー目的ではなくガチンコで戦う6人制のサッカー大会です。

 

 

 

サッカーというよりもフットサルに近いかも?

ただ、ガチンコなので、シュートも強烈ですし、めちゃくちゃ削り合います。アツい。マジで。選手普通にキレてます。笑

 

こちらがホームページ。スケジュールになっています。

 

starsixes.com

 

正直いってアツすぎないか?

 

 野球でいう、V9時代の巨人メンバーがガチンコでプレーしてるようなもんです多分(あんま野球詳しくない)

 

 

需要ありまくりな企画だと思います。これ企画した人羨ましい。。。

 

 

 

そして何よりも出場するレジェンドが文字通りのレジェンドっぷりです。アツすぎる。

 

スペインだと、

プジョル(あのプジョルです)、モリエンテス、ルイスガルシア、ミチェルサルガドなど、、、

 

ブラジル

ロベカルジーダエラーノアマラウリバウドジウベルトシウバ、、、

 

イングランド

ジェラード、オーウェンファーディナンド、フィルネビル、、、

 

 デンマーク

ヨルゲンセン、イェンセン、、、

 

フランス

ピレス、ウィリアムギャラス、エリックアビダル、フレイ、ルドヴィクジュリ、、、

 

イタリア

アメーリア、デルピエロデルヴェッキオ、ザウリ、マッシモオッド、、、

 

 

 

とかとかもう数え切れないレジェンドが。。。!!!

 

マジで興奮モノです。

 

 

 

やっぱレジェンドは引退してもありえないくらい上手いですね。たまらんなあ。

 

これ日本も絶対出て欲しいですね。なんなら僕が企画に協力したいくらいです。全力で貢献したいです。マジで。

Jリーグだけでやっても相当需要あるでしょこれ。

 

 

実況もいい感じにゆるいのでたまらんですねぇ。

実況というか詳しい観客みたいな感じですね笑

 

 

 

 

今現在、決勝トーナメント1回戦2試合目、ブラジルvsドイツが終了し、デンマークvsイングランドです。

 

デンマーク2点目!そしてジェラードが叩き込む!上手いなあ。ほんとに「うまいなぁ」の連続ですよ。デンマークウメェな!

 

 

 

よくOBのチャリティーマッチを見に行くんですが、全然空気が違いますよね。もちろんチャリティーも見てて楽しいですが、やっぱ本気でやり合う男たちのサッカーは熱くなれるよね。。すごくテンションが上がる。!!

 

 

ぜひ準決勝以降は生中継でご覧ください!夜中ですが。

abema.tv

 

予想は個人的にはスペイン優勝かなー。

圧倒的にうまかったもんな。。

 

テスト勉強に追われながら。。。

蒸し暑いですね。日本のジメジメした暑さ嫌い。

 

 

 

大学はそろそろテスト期間に入ります。東大も授業は今週が最後、来週からはテストが始まるわけです(実はもう始まっているんですが)

 

 

テストは進振りにモロに影響してくるので、行きたい学部があるならガチで勉強しないと死にます。大学は遊園地なんてよく言われますが、東大の駒場は辛いです(まあ、それでも十分遊園地なんですが。)てか、そう考えると海外の大学って本当にすげえんだなーって思います。まず、図書館が24時間空いてるとか羨ましすぎる。。

 

まあ駒場も10時くらいまで空いてるんですけどね笑

 

軽く調べて見たら面白い記事が。

 

CA1370 - 米国の大学図書館における24時間開館の実態 / 半澤陽子 | カレントアウェアネス・ポータル

 

確かに、駒場でも、図書館でケータイの充電しながらずっと寝てる人いるもんね。

いろいろ問題がありそうで、24時間営業は難しいのかな。下手したら図書館に住むやつとか出てきそうですね。

 

 

 

 

 

話変わります。

 

そういえば最近気になることが。

 

「なぜ、手書きの文字には感情が込められていると感じるのか」

 

ラブレターは活字よりも手書きの方がいいですよね。てか手紙全般手書きがいいけど。

 

このテーマっていろんな側面から掘り下げられそうですよね。

 

例えば、

 

手書きの字はそれぞれ異なっている。活字はどれも同じ。(一回性?、再現不可能性?)

その人が書いた感が伝わってくる。(手書きの手紙自体が「私が書いた」という証拠?)

とか。

 

多分もっと面白い考察できると思うんですね。

 

みなさんの知恵もお借りしたいです。(テスト期間なのでまだじっくり考えられてません、てかブログ書いてる暇ないやろって感じ)

 

 

 

 

ちょっとggってみたら面白い記事が。

 

pc.watch.impress.co.jp

 

結構前のやつですけど。なんかこんなにやっちゃうのもなぁって感じもしますけどね(語彙力)

 

 

 

では。

 

 

タイピングはできた方が絶対いい

こんばんは(おはようございます?)

 

 

午前3時半です。気づいたらこんな時間でした。バカです。

 

 

 

 

大学生なって全てが堕落してしまうとこんなことになってしまうんですねー。

 

まあずっと考え事してたんですけども。

 

 

 

今日は、タイピングの話をちょっと。

 

最近、タイピングの練習を毎日やってるんですよ。

 

www.e-typing.ne.jp

 

ここで毎日頑張ってます。

 

まだスコア200ちょいしか行かないんだけど。。。

 

タイピングって大事ですね。レポート書いたり、このブログ書いたりするときも、文字打つの遅いとイライラしてきますもんね。笑

 

スマホのフリック操作にはその辺のJK並みに自信あるので、レポートとかもスマホでなんとかなるっしょ、これからはフリック入力の時代やで〜

 

とか思ってたんだけどね、やっぱキーボードは色々と便利ですわ。

 

単純に考えて、片手の1本指入力のスマホよりも両手の5本指使えるキーボードの方が速いってことすぐにわかることなんですけどね笑

 

 

タイピング早い方がとにかく捗ります。

 

 

ペンで書くスピードより速くしたいな。

 

 

 

 

 

 

あと、今日(昨日)ココロオークションの「線香花火」のpv出ましたね。

 

 

すげー関係ない話に飛びましたけども。

 

夏ですねー。

ココロオークションの夏系の曲のpvのやつ、普通にエモいよね。

見てない人は見た方がいいよ。

 

自分が体験したこともないようなことなのに、なぜか懐かしさと切なさを感じてしまうこの感じ、ね。

 

リンク貼ってスペース稼ぎしとこ。

まあ暇つぶしにどうぞ。

声の張り方がbumpofchickenに似てる?

flumpoolにも声似てる気が(スペル違ったらごめん)

 


ココロオークション『蝉時雨』【第一話】

 


ココロオークション『夏の幻』【第二話】

 


ココロオークション『雨音』【第三話】

 


ココロオークション「線香花火」Music Video

 

 

 

田舎っていいよね。

 

今年の夏は自然を感じたい。

ずっと探していた曲が見つかった

こんばんは。

 

 

 

雨がものすごいことになってますね。さりげなく北朝鮮がなんかやってますし。

 

 

今日もくだらないであろう与太話です。

 

 

 

 

 

 

今日、小さい頃からずっと探していた曲が見つかったのでテンションが高いんですよ。

 

 

 

 


サティ/ジムノペディ 第1番

 

 

 

これこれ。

 

いや、全然音楽とか詳しくないんですよ。たぶんぼーっとしてたらゴッホとバッハ間違えるんじゃないかってレベルのアマチュアです。

 

でも、この曲だけは、なんか惹かれたんですよね。初めて聞いた時からずっと頭に残っているような。

 

 

多分サティっていう人であってますよね?

サティのジムノペディ 第1番という曲だそう。

 

 

 

何だろうね。言葉にするのは難しいんですが、

優しい感じもするし、不安な感じもするし、でも優しい感じというか。笑

 

 

 

 

 

 

なんか、芸術って言葉にするの難しい。。

 

 

語彙力が足りないだけなのでしょうかね。

でもなんか、

人間が言葉とか数式に表せない側面を見ると、あーやっぱすげえなぁみたいな感じしますね(語彙力)

 

 

 

 

この前(かなり前です)、森美術館に行ってきたんですね。六本木の。ぶらぶらと暇つぶしに。

 

やっぱ暇つぶしに美術館行くと東大生っぽいじゃないですか。笑

 

そういう不純すぎる動機だけで1200円も払って行ってきたんですよ。

 

ハルシャ展かな?インドの現代アートの個展がやってたんですね。

 

正直、特別アートに興味があるわけでもなかったですし、なんか「よくわかんねえな」みたいなイメージだったんですよね。美術館に一人で行くの初めてだったし。

 

でも入ってからはずっと魅了されていましたね。その世界観というか。

アートって鋭いですよね。ハルシャが鋭いのかもしれませんが。見ていて発見だらけでしたね。めっちゃ面白かった。30分くらいで出るつもりだったのに、閉館時間まで過ごしてしまいました。笑

 

あとやっぱ、生って違いますね。写真とかOKだったんで撮ってきたんですが、迫力というか、雰囲気なんて半分も伝わらない(それでもすごいんですが)

 

皆さんも食わず嫌いせずに、いろいろ実際に体験して見ると面白い発見があるかもしれませんよ。

 

 

 

ハルシャ展も、このサティの曲も、自分の心をぐっと掴んだ作品だったので。ふと思い出しました。

 

文学だと安部公房にどハマりしてた時期があったんですよ。なんか説明はできないんだけど。。ね、ね。多分体験してくれればわかってもらえると思うんですよ。

 

まあそんな感じで。

 

 

 

 

ちょっと最後に、話を戻しますが、この曲を聴いた感想もいろいろありますね。youtubeのコメント欄から勝手に拾ってきますが、

 

 綺麗なのに不安になるような、それなのに同時に落ち着ける不思議な曲

わかる!!

 

この曲をきくとなぜか悲しくなる

ただ悲しくなる人もいるんですね。

 

雨の日曜の午前中に似合う曲だ。

確かに。雨の日に聞きたいですね。今日くらい降られるとまた違ってきますが。。

 

小学生の頃、放課後にこの曲を聴いてとても不思議な気持ちになったのを覚えてます。

おお、なんか想像できる。。

 

なんか穏やかさの中に狂った何かを感じる、、、

自分の感じる「不安」のような部分でしょうか。言われるとそんな気がしなくもない。。

 

雨が降ってる中駅のベンチで退役軍人が帽子をとってタバコふかしてる映像が浮かんでくる

いいね。いい。

 

 

 

 

人の感想を見るのも楽しいですよね。

 

このブログ書いてる今もメドレー聴いてるんですが、意外と聴いたことあるやつが多い・・・??

 

もしかして超有名??やば、知らなかったとか恥ずかし。。

お許しください。皆さんがこれを見ている今はもう知っているので。。。笑

 

 

 

 

今日はサティを聴いて、のんびり勉強しながら過ごします。

 

それでは。

 

選んだ孤独はよい孤独

 

ふと思い出した話。

 

 

朝日新聞でしたっけ、折々のことばっていうコーナーがありますよね(今やってるのかは知りませんが)

 

 

「選んだ孤独はよい孤独」

そこに載ってたことばです。去年の春ごろかな?多分。

 

 

自分はこの言葉にずいぶん助けられました。受験期につらくなった時は、この言葉を思い出して、再びストイックに頑張っていました。

 

 

現役時に僅差で落ち、浪人が決まり、友人など誰もいない東京で一人で暮らしながら、遊びなど全くせず、ひたすらストイックに勉強する。。。

 

 

 

今考えてもなかなかきついですね笑

よく頑張った俺。

 

 

 

まあ今となっては受験はかけがえのない経験です。

経験できてよかったとさえ思っています。もっかいやるのはごめんだけど。

 

 

本気でやり切れた!と言えるものが、自分にとっては受験勉強だった。ということでしょうか。

本気で何かを完遂する、この経験超大事。

 

 

 

 

この言葉の方に話を戻します。確かこんなことが書いてありました。

 

 

 

「選んだ孤独はよい孤独」 フランスの言い習わし

 

人々から見捨てられていると感じることと、世評を気にせず自己の内に深く沈潜することとは異なる。ロンリネス(一人ぼっちの寂しさ)とソリチュード(孤独)とは全くの別物である。

 

 

 

 

みなさんの受験生活には、志望校合格という明確な目標があります。そのための勉強の中で、つらくなることもあるかと思います。というか今結構きつい人、多いと思います。

 

でも、みなさんが選んだ道です。きっとよい未来が待っていますよ。

今はソリチュードやで。

 

 

それに今の時代、ネットがあるから。一人じゃないで。でもせっかくソリチュードを実感できるならしとくべきだと思うよ。

 

大学に入って社会人になって、今度は人間関係で困ることになるからね。もうSNSとかやめていいならやめたいもん。マジで。どっかの山奥に逃げて虎になりたくなったりしますよ。

 

とにかく、今は黙々と努力。みんな応援しています。なんだかんだみんな心配してくれています。みんな見てくれています。

 

頑張って。

模試の活用について その1 センター模試

こんばんは。

 

 

 

そろそろ夏の模試ラッシュが始まるのではないでしょうか。

 

 

 

今回は、自分なりの模試の活用法について書きます。

 

 

 

模試といってもいろいろ種類があるので、今回は、

1.センター型

2.記述型

3.大学別(いわゆる冠模試)

 

 

 

の3つに話を分けていきますね。

あ、基本高3、浪人向けに書きますからね。

 

 

では、まず。

 

 

 

1.センター試験型の模試の活用について

 

 

 

センター型模試は、異常なレベルの難問が出ない限りは、基本的に偏差値より点数にこだわってください。てか偏差値なんて見なくてもいいです。センター型は。

 

 

 

 

7割取れない方は、まだまだ基本事項に穴があります。試験中に迷った箇所、間違えた箇所について、今なら説明できますか?例えば私の前で。

このレベルまで模試は復習しましょうね。模試なんだから失敗してもいいんです。本番で同じ過ちを繰り返さないこと。

 

 

 

8割あたりまで成績が伸びてくると、ある程度基礎が固まってきたのかなといった感じです。ここからは結構大変ですよ。。

まずは、ケアレスミスを無くす努力をしましょう。

具体的に言いますと、

数学なら、

例えば2Bの微積で一回計算ミスしたから時間足りなかった→計算ミスした箇所は6分の1公式とか使って簡略化できた

とか、

分数の約分ミスってパニクった→ゆっくりでも丁寧にやった方が早く終わる

とか、

理科だったら、

問題文見間違えた→必ず最後まで丁寧に読む

とか、

10^4をいつのまにか10^3にしていた→数字は要チェック

とか。

 

 

いろいろありますよね。てか、基本がしっかり分かっててケアレスミスを防げれば9割切るはずなんてないんですよ。それだけケアレスミスによる失点はでかいって話。

 

 

 

これから何回もセンター演習をすることになると思いますが、ケアレスミスの分析についてはしっかりやっておいてください。ある程度記録が溜まってくれば、おそらく自分の考えの癖が見えてきます。すると試験中に意識すべきことが見えてきます。

 

 

センター試験はマジで慣れたら作業になりますから。がんばってくださいね。基本が重要です。。

 

 

 

 

8割5分を超えてきたら、あとは自分の本番で取るべき点数を下回らないようにする。それを最優先にすること。合格を最優先に考えれば、いくら模試であっても取るべき点数を下回るのは絶対ダメです。下回ったら猛反省です。何が原因だったのか?冷静になって考え直してみる。

 

 

 

 

あとは、貴重な実戦の機会です。一回一回を大事にすること。出来るだけ環境を本番に近づけましょう。これ大事です。本番って誰でも緊張するし、軽くパニクるんですよ。これマジです。僕メンタル強いんですが(自分で言うのかよ)、なんで強いかって、ここの準備を徹底してたからなんです。自分は、適度な緊張に抑えられたし、パニックもほぼなかったです。(当日、パニクってる男子が女子トイレに入っていくのを見ました。皆さんはこうならないように!しっかり準備していくのはダサくないですよ。)

朝起きる時間から、持ち物、昼食、休み時間の過ごし方まで、本番と同じような形でやってみましょう。

 

精神的なブレで数十点くらい変わりかねないセンターでは、メンタル面の調整は特に重要です。ぜひ、強く意識しておいてください。ここを意識しておかないと、得点は安定しづらいです。

 

 

本番は試験会場をいかに「いつもの」空間にもっていくかがカギです。間違いなく。

 

 

 

 

 

あと、実践演習は過去問をお勧めします。模試の問題集とか売ってますが、過去問の方が絶対にいいです。まず過去問を25年分やって、それでも暇なら模試問題集やればいいです。

 

やっぱ模試と過去問って違うんですよ。

 

あと、模試の問題って結構元ネタが過去問にあるので、「あ、これ過去問のパクリだ」とか結構見つかって楽しいです笑

 

周りにも、過去問をやらないで模試の問題集ばっかりやってる友人がいましたが、そういうやつってなぜか満点じゃないんですよね。ムズイ問題なんてそんなに出ないんだから、実際の過去問で「取り切る」練習した方が絶対にいいですよ。センターで点を取る上では。

 

 

 

各科目の具体的な対策については需要があればお話しいたします。

 

 

 

今日はこの辺で。

2.はあまり書くことないので、次回は2.と3.をいっぺんにやりますね。